How To Local ゼロから始める地方創生

お疲れ様です!

今日はいい天気ですが、家にずっといてました笑

今回の投稿は写真が全然ないのですが昨日聴講者とした参加させていただいた、ビジネスサークルAXIS地方創生班の「How to local ゼロから始める地方創生」に行ってきました!

簡単に述べると大学一年生のグループメンバー(4人)で【地方で活動したいという漠然とした思いを持った人達が抱える「どのように地域と関わって行ったらいいか」】という問題を解消するべく地域で活動している人・団体を紹介していました!

この記事ではそのイベントの流れと雰囲気、またその登壇者が行なっていることなどを簡単に紹介していきます!

会場到着

守口市駅から徒歩22分(迷ったので実際40分くらい歩きましたが…)。守口市北部コミュニティセンターが会場でした!

割と早めにつきすぎて、コミュニティセンターの七夕を書きながら開場を待ちました笑

入場?

14:30開始なので続々と人が集まります。
本当に写真がないのが申し訳ないです汗

集まった人たちはAXISのメンバーが多かったです。

イベント開始

初めに運営メンバーの方の自己紹介。
国公立の人しかいなくてびっくりです。
安定したトークスキルからのスタートでした笑

アイスブレイク

人狼自己紹介というものを行いました!
人狼を無作為に運営メンバーが選び、選ばれた人は自己紹介の中で一つ嘘をつくという自己紹介ワークショップです。
僕らのグループは関東出身の子が「自分の住んでいたところから東京の方へ行くのに本当は電車で1時間かかるところを30分で着く」というわりとローカルな嘘をついていました笑
賢い嘘のつき方です笑

地方交流活動紹介

アイスブレイクも終わり、本題です!
AXIS地方創生班のテーマは

地方での活動がちょっと気になるけどなかなか手が出せない
そんなあなたにHow To Local

-ゼロから始める地方創生-

です。
地方に関わっていく活動のアプローチを、すでに活動している方たちを紹介しながら説明していきます。
僕が勝手に紹介していいから微妙なので詳しくは書きませんが、合計16の団体を紹介されてました!
その中でも今回は3人の登壇者がいたのでそちらを簡単に紹介させていただきます!

ヨリアイ

「まちの消滅」は「まちのツクリテ」が無くなることではないのか?という考えから「(関西から)ツクリテを作る」という理念のもとに地方創生に興味のある学生向けに先進(発展の段階、進歩の程度が他より進んでいること)地域と連携してツアー企画や地方高校生向けキャンプ企画を行なっているそうです!

ヨリアイとローカルキャリアツアー(LCT)についての登壇

災害ボランティアサークルすずらん

大阪大学の学生が中心で「寄り添う支援=応援」を目指して東北の被災地野田村にて活動しています!
復興というものを段階的に分けて、「生活の復興」から「心の復興」そして「地域の復興」を応援しています。

支援と言う言葉では「やってあげてる感」が強いので「応援」という形で寄り添いながら関わっています。

災害ボランティアサークルすずらんのロゴ

名前は決まってないそうですが…

最後の登壇者です。

題のようにまあだ名前は決まってないそうですが高知県にて高校生向けにキャリア合宿のような活動をしているそうです!

ヨリアイから派生されたグループ「トモシアイ」と少し似ていますが、高知県に住む人向けにプログラムを考えているそうです!

座談会

登壇していただいた方達を中心に3つのグループに分かれてその方々に質問や相談をしていきます。
どの登壇者も熱く地方と向き合っていることが改めて質問をしながら伝わってきました!

まとめ

地方と関わりたい人達向けに、すでに地方で活動する人たちがどのような形でアプローチしているのかをAXIS地方創生班が調べたりコンタクトをとって、その人たちやグループを紹介し、登壇者も活動を紹介するという形のイベントでした!

地元・地方を盛り上げたい!という気持ちを持って関わっていくにしても明確な答えはないです。

なので地域との関わり方も地域によって合ったやり方があったり、アプローチの仕方もそれを主体的に行う人によって全然変わります。

そんな中でも一つの手法として「なんでその地域なのか」「その地域でどのように・どのくらい関わって行きたいのか」を明確にし、またそれをベースとした目標を掲げて関わっていくことが大切ということを学びました。

AXIS地方創生班は今回、このような学びのきっかけを作ったという感じです!

今日AXISのイベントに関わってみて、AXIS地方創生班のメンバーは今回のイベントを開催するにあたっていろいろな方々や団体と連絡を取ったと思います。
その中で地域と関わることとはどういうことかを考える機会になったと思います。

それは今回のイベントに参加をしたメンバー(僕含む数名)にとっても同じで、
これからはAXIS地域創生班の運営メンバーも、聴講者として参加した人も登壇者のように実際に地域と関わる何かをやっていくと面白い活動ができそうですね!

それと最後に集まったメンバー(先に帰った人たちを除いて)ご飯に行きました。

驚いたのが僕の友達と中学校が一緒だった人がいたり、僕の中学校が一緒だった子のことを知っている人がいたり…

世間は狭いと感じました笑

天丼 辛子明太子食べ放題

とりあえず今日の投稿は以上です!

Baseとして関西ビジネスサークルAXISの具体的な構成や今回の登壇者の方々の活動などもこれから個人的に聞きに行ってまとめていきたいです!

質問はコメント欄よりお待ちしています。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ふでばこについて

ごま団子が食べたい。。。

広告